スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金ペコ!

えらい久々になりますが、01系の育成水槽を掃除ついでに撮影してみました(=ФωФ=)ノ
[広告] VPS

現在7~9cm程に成長してますが、両親がホワイトタイプとは思えない鮮やかな黄色になってます…
というか、金属光沢があるのでむしろ金色という感じですね。

L333F2 01系 01
ヒパブリコンにエントリーした個体も模様の変化がほとんど無いままサイズアップ!
エントリー時には色飛びして白っぽくなっちゃいましたけど、実際はかなり鮮やかな発色をしてるのですよ~

L333F2 01系 02
L333F2 01系 03
白系を目指していたのが予想外の結果になってしまい、当初は少し期待はずれに感じもしたのですが…これはこれで十分アリですねw

もう少しすれば繁殖に使えそうなので、F3がどうなるか期待です。
金色系が固定できたら厨二っぽく”エル・ドラード”とか”ゴールドラッシュ”とでも命名しようかな((o(ΦωΦ)o))
スポンサーサイト

お年卵…?

新年、明けましおめでとうございます(=ФωФ=)ノシ

去年に続きまたこのパターンですが自然消滅しないだけマシということにしておきましょう、うん。
…ほぼ消滅してるようなものじゃないかというツッコミが聞こえる気がしますけど気にしない方向で(ダメ人間思考

今年は家の中がバタバタしていて正月気分なんてまるで無いままに三が日終了…
そんな自分にプレコからお年玉が(ↀДↀ)✧

たった6粒ですが、我が家の01系F1エース♂(AL誌10月号表紙のアレ)と02系F2のメガクラタイプ♀の間に卵が生まれたのです!

L333egg.jpg
こちらが生まれた卵
L333F1♂
♂親(と、♀の尾ビレw)
L333F2♀
♀親

♀は今回が初産だったこともあり、産卵数少なめ&無精卵多め(翌日まとめて蹴り出されてました;)でしたが最初がこれなら上々ですかね。

今までの01系ペアの子供は両親がスーパーホワイトタイプなのにもかかわらず、成長すると多くが強烈なゴールデンタイプに変化することがわかったので、ペアの組み換えを模索しているところだったのですよね。
ゴールデン系ワイルドのペアからホワイト系が多く生まれ、生まれたホワイト系F1同士からの子供はゴールデンに逆戻り…;
単純に”ホワイト→優性遺伝 ゴールデン→劣性遺伝”というわけでは無い様で…((ΦωΦ))
えんどう豆くらいシンプルだったら品種改良も(比較的)やり易いんでしょうけれど、それだと面白みも半減しちゃうかな?

とりあえずゴールデン、シルバー、ピュアホワイトという感じにカラーを固定するのが今年以降の目標ですかね~


リアルメガクラっぽい!

前回の動画の個体達、意外と見づらい感じなので静止画ぺたり。
某・幻の血統にインスパイアされて「私の一匹!系統」と命名しました!
…ごめんなさい冗談です|ω;`)))

ちなみに実際は02系統の上位4個体ですね。
うちのエース(01系♂親)の若い頃とよく似た表現なので、このまま育てばいい感じになってくれそうです。
L333specialF201.jpg
L333specialF202.jpg
L333specialF203.jpg
L333specialF204.jpg
L333specialF205.jpg

…問題は♀だった場合、全体的に黒っぽくなってしまう可能性が高いことでしょうか。
しかもうちの系統、妙に♀率が高いんですよね…( ̄▽ ̄;)
他の血統を繁殖させてるブリーダーさんに話を聞くと、そちらは♂ばかりで♀が非常に少ないのだとか。
血統によって雌雄の比率が変わってくるのか、温度や水質などの外的要因なのか。なかなか興味深い話ではありますね~

親の顔が見たい(違

L333スペシャルですが、現在ブリードに使用している親個体が見られた方がいいんじゃないか?ということで画像アップです~
一部以前の画像の使い回しだったり、中途半端にしか写っていないものがあるのは大目に見ていただけると…|ω・`)
ちなみに現在使用している親個体は、全て同じワイルドメガクラのペアから誕生したF1個体になります。


まずは01系統から。

・01系♂親
01系♂
・01系♀親
01系♀
混じりっけの無い白と、磨りたての墨のような黒を目標に組み合わせてみたペア。
シルバーシャドーやプラチナと呼ばれるカラーに近いのかな?(違うかも;)
誕生したF2たちは現時点でほぼ全てがホワイト系で、イエロー系は出ていない模様。
ラインが細かく入るのが特徴でしょうか。
色合いはほぼ期待通りなので、あとはラインがどう変化していくかですね…



続いて02系統~

・02系♂親
02系♂
・02系♀親
02系♀
01系のペアと同腹の、ニューメガクラ風な個体同士の組み合わせです。
育成水槽内でペアが成立していたのをそのまま使っていたんですが、生まれたF2が意外なほどに綺麗だったという…w
01系統とは異なり、F2の大半がクリーム色&太ラインなので、ある意味こちらの方が正統進化っぽい表現かもしれません?
ちなみにF2のメガクラ表現出現率は、こちらの02系の方が若干高かったりします。
(高いといっても10%に届かない程度なんですが;)

以上、参考になるかは分かりませんが、怪しげな素性の「メガクラ」や「スーパーインペ」が流通しているのを見ると、親個体がどんな姿をしているのかをきちんと公開していった方がいいかな…と思ったので。


最後に次期主力になりそうなF1個体(♂♀不明)の画像ぺたりฅ(*ΦωΦ*) ฅ
次期主力(予定?)
…黒ラインの色が薄めなのが残念(´・ω・`)

Paint it White

サボり癖がつく前に更新更新~!

L333♀

♂親は相変わらずシェルターに引きこもってます~( ̄▽ ̄;)
L333ペア
最近出番のなかったL333スペシャルのNo.1ペアですが、あれから二度ほど産卵したこともあり、だいぶ大所帯になってきました。
稚魚の世話は完全に親任せで、シェルターから出た後もそのまま育てているのではっきりした数は分からなかったりします…;
ラブピ2号が届いたら、移動ついでに数えてみる予定なのでちょっと楽しみだったりw


L333_01.jpg
今のところそんなにすごい個体は出てない感じなんですが、4cmに届いているか微妙なサイズなので当然ですね。
変化が見られるのって5cm超えてからが大半ですし、7cmくらいになって化ける大器晩成型がいるくらいですからw

L333_02.jpg
L333_03.jpg
こうしてみるとこの系統、同腹の他のF1ペアとは違い、子供に黄色系になりそうな個体が出てないんですよね。
まだサイズが小さいので何とも言えないんですが、将来黄色っぽくなる個体って、ポスターカラーの原液みたいな濃い白からスタートすることが多いんで…
こういう少し薄いというか、青っぽいと言うか、そんな白さの個体は成長すると綺麗な白になるか、もしくはいい感じにネズミ色になる確率が高い気ががが… (((´;ω;`)))

…きっと親に似た美白個体になってくれると信じて育成に励みます~
プロフィール

ダンプティ

Author:ダンプティ
日常のすき間からまったりマイペースでお送りします~

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
まったりしていくがよい
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。